水草

今までほとんど近寄らなかった水草に、今回少し近づいたわけです。
リュウノヒゲモの生育している用水路によく見る水草や、見たこともない水草があって、
カメラに収めたのはいいが名前がわからずお手上げです。

a0183666_09495802.jpg

ホザキノフサモだと思います。よく見る水草です。


a0183666_09502533.jpg
今まで見たことがありません、名前もわかりません。


a0183666_09501563.jpg
浮草のようにも見えますが、水中に沈んだ葉もありましたから、根があるのだろうと思います。
もう一度行って確かめなくては・・・。

063.gifミズハコベだと情報をいただきました。ありがとうございました。

a0183666_09503296.jpg

これはオランダガラシ、西洋料理に使うとクレソンという名前になる、
食べてもいいと思わないのはなぜでしょうね。



[PR]
by krsmag | 2014-12-04 10:03 | 野の花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://krsmag.exblog.jp/tb/20465158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by true-clear at 2014-12-05 08:27
おはようございます。
水草にまで扉を開かれたんですね、水草は、さっぱり解らないです。
ホザキノフサモ、漢字で書けば覚えられそうですが、カタカナだと
まるでロシア人の名前みたいで、覚えにくい名前ですね。(^^;)
お花が咲く水草は調べ易いのでしょうが、お花がないと、実に難しいです。
影響されて、1年後ぐらいに水草を調べている自分が想像できて、怖いです。(笑)
急に寒くなりましたね、あたしも縮こまってジャンバーを着たまま仕事してます。
何かとする事が多くなる年末、頑張らねば…
ありがとうございました。
Commented by krsmag at 2014-12-05 11:47
☆true-clearさん、こんにちは。
近場に絶滅危惧種と聞いては駆けつけざるを得ません。
が、どこまで近づけるでしょうね。根本から勉強しなくてはいけませんからねえ。
まあ、田んぼに生える水草くらいは知らなければいけないとは思うのです・・・。
<< オオタカの飛翔 リュウノヒゲモ >>