黒瀬川にオシドリ!

 日曜日は郷原自然観察会の日、何かと用事が重なって毎月はなかなか参加しにくいのだけれど、久しぶりに参加した。こんなに暑い日でも、参加者はそこそこいて、しばらくサボっていた間に新会員が増えていてびっくり、それが若い女性なので、また、びっくり・・・。きっと、男性会員が喜んでいることだろう、なんて68歳の001.gifはにんまりしながらごあいさつ。
 一年で一番鳥の数が少ない夏、20種見られればいいねと出発したが、とびっきりの大ニュース ! ! !

a0183666_1982875.jpg
「カルガモの群れの中に変わったのがいるよ。」


a0183666_1983574.jpg
「オシドリだよ。」
「オシドリだ。」
「どうして黒瀬川に。」
「どうして今。」
「どうしてカルガモの群れに。」
「長年黒瀬川で鳥を観察しているけれど、初めてだよっ。」
「北に帰りそびれたのかねえ。」
「何か事情があったんだろうねえ。」
「無事に夏を越せるかねえ。」
「大丈夫でしょう。」






a0183666_1984165.jpg
オシドリ♀
(嬉しいのでいつもより余計に拡大しています。)


今日の観察会の目的は達せられたよ、これ以上の出会いはもうないよ、
今日は暑いし、ここで引き返そうよ、という小さい声も上がったけれど、
いえいえ、ちゃんといつもの折り返し地点まで観察会続行。。。


a0183666_1918682.jpg
カワウの日向ぼっこを見たり、


a0183666_19181869.jpg
遠い遠いところにカワセミの姿。
こんなに遠くにいるのを見つける目がすごい。


a0183666_1918506.jpg
畑にはコオニヤンマ♀、


a0183666_19185792.jpg
ショウジョウトンボのメスをウスバキトンボと間違ってしまったり。おお、恥ずかしい。


a0183666_1919798.jpg
ツバメシジミの開翅を撮ったり、ヒメスイバやヘラオオバコを撮ったりして観察会終了。

この日みんなで確認した鳥は、21種。目標達成!?。



会の最後は、『灰ヶ峰の生き物図鑑』の披露パーティー ! ! !

a0183666_15195243.jpg
灰ヶ峰で見られる生き物がぎっしり詰まっています。








公民館の階段の踊り場にうずくまっていたトンボ。
観察の対象になっちゃいました。


a0183666_19192041.jpg
ヤブヤンマかな。


a0183666_20171994.jpg
相当弱っていたので、草に放してもすぐには飛べなかったが、観察会終了後に見たらいなくなっていた、無事に飛びたったのだろう。

[PR]
by krsmag | 2013-07-23 15:36 | 観察会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://krsmag.exblog.jp/tb/18148489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by narumi at 2013-07-24 21:26 x
この時期にオシドリなんて、珍しいですね~。山奥に帰らなかったのでしょうか?
こちららのカモは「カルガモ」で、7月19日の「カルガモ」は「マガモ」です。嘴等見比べてみてください。
Commented by krsmag at 2013-07-25 05:39
☆narumiさん、ありがとうございます。
7月19日のカルガモ・・・訂正しました。
エクリプスというのが今一つ理解できていないですね。これから気を付けて観察します。
オシドリは広島県でも繁殖しているということでした。遅れて山奥に帰るのでしょうか、ずっといるのでしょうか。もう一度川に行って確認してみます。
<< 深入山 スズサイコ >>