タカネハンショウヅル

a0183666_15112913.jpg
「あら、ハンショウヅルを探しているの? ここにはないよ。」
「えっ、帝釈峡にあると思っていたのですが。」


a0183666_15114757.jpg
「うん、確かに帝釈峡にあるよ、でも、ここにはない。」
「帝釈峡は広いからねえ。」


a0183666_15115979.jpg
「ここへ来るまでの反対側の道だよ、今、咲いているよ。」
「ああ、あの道ですか。」
「知ってるの?」
「はい、なんとなく・・・。」


a0183666_1512572.jpg
早速出かけました。
教わった道は知っている道だったようです、タカネハンショウヅルの花が咲いておりました。
まだ蕾が多いので、花を楽しむにはもう少し後の方がよさそうです。


a0183666_15394868.jpg

[PR]
by krsmag | 2012-09-21 07:00 | お花見 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://krsmag.exblog.jp/tb/16216812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-koyo at 2012-09-21 08:27
おはようございます。
帝釈峡に咲くのですか・・・でも広いですよね・・・
花は普通のによく似てますね、時期的にずれはありますけれど。
まだまだ知らない花が多い、何時まで元気で野山をうろうろできるかなあ~~~
(膝は大丈夫でした。有難うございました)
Commented by mag at 2012-09-21 20:29 x
☆fuさん、こんばんは。
広島県内にハンショウヅルと名がつく植物は4種あるそうです。
そのうち3種が春に咲き、タカネハンショウヅルだけが秋に咲くのだそうです。
葉が2回3出複葉なのも本種だけということです、他は3出複葉だと書いてありました。(ここがよくわからないところです、ちんぷんかんぷん!)
今、つぼみの状態ですから、秋の花だということで、タカネとしました。
花が反り返ったころ、もう一度撮りに行きたいと思うのですが・・・・。
<< マイコアカネ シギンカラマツ >>