ウラシマソウ

 南々社「広島の山野草」には蒲刈島で撮られたウラシマソウが載っています。ナンゴクウラシマソウより数が少ないとあったので、島へ行かなければ会えないのだろうと思っていましたが、なんと、地元の山に咲いていたのです。よく読めば、島嶼部から内陸の林縁などに点在と記されています。今までにもきっと咲いていたのでしょう、今年初めて存在に気がつきました。。

a0183666_983093.jpg
ウラシマソウとは本当にぴったりの名前が付けられたものです。

a0183666_984281.jpg
釣り糸をたれています。

a0183666_992285.jpg
ところが午後もう一度行ってみると釣り糸は後ろにはねあげていました。

a0183666_993897.jpg
午前と午後の違いなのでしょうか、より成長しているということなのでしょうか。(以上同一株)

a0183666_910553.jpg
別の株(午前) こちらの株も午後ははねあげていました。

 不思議な花です。
[PR]
by krsmag | 2011-05-11 09:19 | 野の花 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://krsmag.exblog.jp/tb/12553593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 広島県人 at 2011-05-11 22:50 x
magさん、こんばんは。
ウラシマソウ出会えてよかったですね。釣り糸みたいなのが午前と午後で向きがかわっているんですね。不思議な植物ですね。

岡山森林公園の花々、たくさん見せていただきありがとうございます。感激です。(*^_^*)
Commented by krsmag at 2011-05-12 07:15
☆広島県人さん、こんにちは。
ウラシマソウがすぐ近くにあるなんて知りませんでしたよ。
釣り糸の向きが変わる理由を知りたいと思いながら、いろいろあって山へ行けてません。もう一度午前中に観察したいと思っています。
Commented by gaunn at 2011-05-12 07:32 x
お早うございます
やはり肝心の釣り糸を写せる、腕があるのですね
私はあの根元の膨らんでいたところばかりで
ウラシマの姿の全部を写していない、技量のなさですね。
Commented by mag at 2011-05-12 08:20 x
☆gaunnさん、こんにちは。
いえいえ、何十枚も撮った中でやっとピントが合ったものを探しているだけなのですよ。釣り糸にピントがあわないことは初めから分かっていましたからね。
ナンゴクウラシマソウが咲くころもう一度山へいきます。
<< ナンゴクウラシマソウ カザグルマ >>