タグ:初見 ( 74 ) タグの人気記事

クロサギ

a0183666_14053907.jpg

見慣れない鳥がいた。
遠目にも、全身黒い鳥だと分かる。逆光なので真っ黒。


a0183666_14052641.jpg
光が当たると、濃い灰色だ。アオサギが全部黒くなったような鳥だ。
水際で餌を探している。


a0183666_14061165.jpg
もしかして、クロサギか!? 
よしっ、追いかけるぞと意気込んだが、とても神経質で、
カメラを見た途端に飛び立ってしまった。


a0183666_14063431.jpg
ずいぶん離れていたのになあ・・・。


a0183666_14062029.jpg
あきらめていたら、少しだけ離れた場所に下りた。
これなら追いつけそうだ。


a0183666_14063891.jpg
背を低くして、堰堤に隠れて近づいたが、
堰堤から頭を出した途端に飛び立たれ、今度はカキ筏の方まで飛ばれてしまった。


a0183666_14062733.jpg

やっぱり、クロサギだった。初見。




[PR]
by krsmag | 2014-12-20 14:30 | | Trackback | Comments(6)

ホオジロガモ

a0183666_18220203.jpg

黒瀬川に見慣れない鳥がいた。


a0183666_18220778.jpg
さかんに水中に潜っている。


a0183666_18213715.jpg
白い腹が印象的だ。


a0183666_18222273.jpg
近づきたいと思ったが、初めて見る鳥だ、すぐに逃げられてはたまらん。


a0183666_18224001.jpg
草の陰から盗み見だ。真っ黒い顔に白い頬、白い首、強烈な模様だょ。


a0183666_18224874.jpg
少し近づいたら、カルガモと一緒に逃げられた。


a0183666_18230625.jpg

ホオジロガモという鳥だった。初見。



[PR]
by krsmag | 2014-12-13 18:34 | | Trackback | Comments(4)

リュウノヒゲモ

昨日、花友と、呉市安浦町へ水生植物を見に行った。
その名を「リュウノヒゲモ」、少し前から気になっていた植物だ。
きっと、龍の髭のような藻だろう。

a0183666_20124430.jpg
これかな?
龍の髭にしては細いなあ。


a0183666_20130742.jpg
半月ほど前、中国新聞に小学校の児童が保護活動をしていると記事が載った。
広島県では安浦町にのみ自生している水生植物だという。
広島県RDB絶滅危惧Ⅰ類。


a0183666_20131737.jpg
用水路にはとてもきれいな水が流れていた。
近くに水が湧き出る所があるらしい。


a0183666_20132664.jpg

安浦は海べりの町だから、きっと温いだろうと思って行ったのは大外れ、
冷たい北風が吹く日は海辺でも寒かった。
駆け足で写真を撮って帰ったのである。



[PR]
by krsmag | 2014-12-03 20:37 | 野の花 | Trackback | Comments(2)

ヒメヒゴタイ

「あった、今度こそヒメヒゴタイだ、アザミじゃないぞ!!!」


a0183666_19244449.jpg
「何度も近くまで来ていながら、なかなか出会わなかったけれど、探し方が足りなかったのだねえ。」
「待たせたねえ、やっと会えたよ。」


a0183666_19245454.jpg
「そうそう、この蕾にあこがれたのよねえ、かわいいねえ。」


a0183666_1924599.jpg
辺りをうろうろしたら、タンナトリカブトも咲いていました。
いいところです。


[PR]
by krsmag | 2014-10-09 07:33 | お花見 | Trackback | Comments(4)

サンヨウブシ

a0183666_13323887.jpg
サンヨウブシ (山陽附子)  キンポウゲ科トリカブト属  広島県RDB準絶滅危惧 初見


a0183666_13325522.jpg
山陽地方で発見されたから、サンヨウブシと名前がついたが、実際には山陰地方に多いらしい。
この場所も島根県境に近い。


a0183666_13331098.jpg
広島県に自生するタンナトリカブトとは葉の形が違う。
サンヨウブシの葉は根元まで裂けない。


a0183666_1333236.jpg
兜の中にハナアブが入り込んでいる。


a0183666_13332970.jpg
トリカブトの仲間だけれど、無毒らしい。
試してみる?  

[PR]
by krsmag | 2014-10-06 07:07 | お花見 | Trackback | Comments(2)

フジバカマ

アサギマダラがそろそろ我が家を訪ねてくる頃だ。
ヒヨドリバナやフジバカマの花に来るので、友人からもらったフジバカマを大切に増やしていたが、それはフジバカマではなく、園芸種のサワフジバカマであると分かったのが2年前。
それから、フジバカマに会いたいと思っていたら、今年、やっと出会うことができた。


a0183666_2152816.jpg
これがフジバカマだ。


a0183666_2155898.jpg
どこが違うの?


a0183666_2154260.jpg
葉が違うなあ・・・。


[PR]
by krsmag | 2014-10-01 21:24 | お花見 | Trackback | Comments(2)

ミシマサイコ

a0183666_785845.jpg
ミシマサイコ (三島柴胡) セリ科 広島県RDB絶滅危惧Ⅰ類 初見


a0183666_781426.jpg
黄色い花がたくさん咲いて、花火のよう。


a0183666_785123.jpg
解熱、鎮痛作用があり、乱獲により絶滅危惧種となっているらしい。

次は広島県で探さなくっちゃ・・・。

[PR]
by krsmag | 2014-09-04 06:31 | お花見 | Trackback | Comments(2)

ミヤマカラスシジミ

去年、ミヤマカラスシジミのポイントに2度ほど出かけたけれど、暑くて、長時間粘ることができなかった。
どうせ遠くにいて、撮れないだろうなんて思うと、一人では諦めが早くなった。
今年は、チョウ友と一緒だ。
時期的には少し遅いけれど、運が良ければ会えるかもしれないと出かけた。


a0183666_12554636.jpg
予想に反して、ポイントについた途端、姿を現してくれた。出かけてみるものだねえ。
とても高くて遠い場所(こちらは予想通り)、近くに来てくれるのを気長に待つのみ。


a0183666_12555260.jpg
何度か飛び立ったが、高い枝のお気に入りの葉に戻る。
こりゃ、近くには来ないかもね、木をゆすったら、どうなるだろう、やってみようということになって・・・。


a0183666_12555954.jpg
ほんの少し、いや、1mも寄ってくれたのだ。

それなら何回も木を揺らせばもっと近くに来てくれるかな?
そんなわけないよね。逃げられちゃいました。

[PR]
by krsmag | 2014-07-20 06:04 | チョウ | Trackback | Comments(6)

コサナエ

ジョウザンシジミの観察の次は、ヒロシマサナエでも探しましようということになった。
同行者が以前観察したという場所に案内していただく。
しばらく探しているとそれらしきトンボ!!!

残念、コサナエだった。でも、これも初見。


a0183666_1330450.jpg
コサナエ♂  名前のとおり、小さいサナエトンボだ。


a0183666_13303635.jpg
コサナエ♀  黄色味が強いな。


a0183666_13304929.jpg
やはり、メスはずんぐりむっくりだ。


[PR]
by krsmag | 2014-07-05 13:48 | トンボ | Trackback | Comments(0)

ミカドアゲハやあい

昨日、チョウの仲間と一緒に山口県の某公園に、ミカドアゲハを撮りに行ってきた。
公園内にトベラの木があり、ミカドアゲハはその花に来るらしい。
はるばる尋ねたら、そこには網人が二人、でんと座っていた。あらあら、大変、カメラの出番はないかもなあ・・・。

しばらく待っていると、ミカドアゲハが出てきた。
初めて見るので、「これかな、これかな!!」と大声を上げたものだから、すぐに網人も気がついて、「それだ、それだ!!」


a0183666_19542153.jpg
止まった瞬間をカメラでパチリ。
網人が「いいですか、いいですか。」というのが聞こえたけれど、返事をする間も気もない。


a0183666_1954346.jpg
何枚か撮っていると網がばさっとミカドを襲う。が、ミカドは隙間から逃げて行った。


a0183666_1955627.jpg
それから、待てども待てどもミカドの姿なし。仕方ないので、アカタテハを撮ったり、


a0183666_19551838.jpg
アオスジアゲハを撮ったり。
一緒に来た仲間は、ミスジチョウを探して他へ行ってしまったが、001.gifはひたすらミカドを待つ。


a0183666_19553563.jpg
グンバイトンボがいたので、これは喜んで撮ったが、


a0183666_19554192.jpg
野良猫なんて、撮りたくもなし。


a0183666_19555039.jpg
さあ、待ったかいがあったよ、ミカドが出てきたよ、なかなか止まらないねえ、あっ、止まったぞと思う間もなく、
今度はしっかり網に捕られてしまった。

それからはアオスジも来なくなり、きっとミカドももう来ないだろうと、あきらめて帰途についたのであります。。。。。

[PR]
by krsmag | 2014-05-25 20:40 | チョウ | Trackback | Comments(2)