カイツブリ

a0183666_07454954.jpg
カイツブリがいた。
橋の上からそっとのぞく。まだカメラに気が付いていない。
首を伸ばしては、水面に浮かんでいるものをついばんでいる様子。


a0183666_07461311.jpg
カイツブリはいつも遠くから見るだけ、こんなに近くで見たのは初めてだ。
逆光が惜しいなあ。


a0183666_07461883.jpg
水面に映る木の枝が揺れて模様を作る。



a0183666_07462458.jpg
模様を変えながらカイツブリが移動する。


a0183666_07462946.jpg
5分ほど見ていたが、一度ももぐらなかった。
また、近くで見てみたいものだ。



[PR]
# by krsmag | 2014-12-19 07:38 | | Trackback | Comments(6)

青空

a0183666_10105191.jpg


青い空が見え、陽があたり始めた。昨日の雪はすぐに融けるだろう。


a0183666_10105608.jpg

融ける前に、恒例の「クロベと雪」を撮ろうと、雪の田んぼにクロベを放した。
おやおや、クロベは走り回らない。
「雪を見て喜び駆け回る年は過ぎたんだょ。」とでも言いたげな顔。
クロベはもうすぐ10歳になる、確かに走りまわる年ではないなあ。
二人してゆっくりと家に帰った。



[PR]
# by krsmag | 2014-12-18 10:22 | 黒瀬だより | Trackback

爆弾低気圧

a0183666_7361675.jpg


爆弾低気圧の影響で、各地で被害が相次いでいる。
こちらも強い風が吹き続けたが、とんどの準備に刈り集めたヨシが倒れたくらい。
通勤時間の渋滞があったほかは道路も何とか動いていた。
積雪8cm。

[PR]
# by krsmag | 2014-12-17 07:30 | 黒瀬だより | Trackback | Comments(4)

モズ


a0183666_19385652.jpg

モズがいた。
今まで逃げられてばかりだったが、今回は大丈夫のようだ。
車を降りなければ警戒がゆるい。



a0183666_19390509.jpg
♀だ。
過眼線が黒くない、腹が縞々模様。


a0183666_19390912.jpg
優しげな雰囲気がするのは♀だから?
(「♀じゃけぇ優しいとは限らんじゃろう」と突っ込みが入る。)


a0183666_19391575.jpg
いやいや、やっぱりモズの♀は優しい感じだょ。


a0183666_19384718.jpg
車より気になるものが木の下にいるようだ。
邪魔をしては悪い、車を移動する。



[PR]
# by krsmag | 2014-12-16 07:00 | | Trackback | Comments(6)

落として割る

a0183666_21305554.jpg
ヒヨドリが椿の花粉で嘴を黄色く染めている。
窓を開けると逃げるので、まずは窓越しに撮り、それから窓を開けてと…。
逃げられた。


少し離れた田んぼにカラスがいた。いつもいる夫婦の一羽だ。
飛びあがったのはいいが、咥えていたものを落とした。
はっはっ、このカラスはあわてもんだな。
笑いながら見ていると、飛び上がって、また、落としてしまった。
見ている前で2度も落としてしまうなんて。
遠くて何かわからないが、よほど咥えづらいものなのだろうか、
気になって見ていると、また、落とした。
ん!?   これは!?  もしかして!?
カラスはわざと落としているんだ。
賢いカラスが道に落として硬い実を割ったりすることは知られていることだが、どうも、それのようだ。
数メートル飛び上がっては落とす。その繰り返し。
田んぼの上に落としたのではわれないだろうに。
そうそう、アスファルトの上に落とすんだよ。
あっ、風が強くて狭い農道にはうまく落ちないのだねえ。
おいおい、うまくいかないからと言って、また、田んぼに落とすのかい、そりゃ駄目だよ。
繰り返し、飛び上がっては落とし、飛び上がっては落とす。
こうやって少しずつ学習していくのだねぇ。

これは、動画で撮ればよかったなと気が付いたときは、うんと遠くに離れていた。
こちらはちっとも学習しないこと。


[PR]
# by krsmag | 2014-12-15 08:06 | | Trackback | Comments(0)