<   2014年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

満開

a0183666_14142836.jpg


今年はよほど暖かいものとみえる。
皇帝ダリアを枯らす霜がまだ降りていない、満開だ。
皇帝ダリアを植えて、初めてのことだ。
早く開いた花が花びらをひらひらと落としている。


a0183666_14143905.jpg


その下で、柿を食べているクロベ。
上手に種を避け、へただけ残す。
今年は人も犬も柿をよく食べた。


[PR]
by krsmag | 2014-11-30 14:23 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

紅葉

造花のような真っ赤な秋があまりにも見事で、あっちでもこっちでもカメラを向けていたら、
あっという間にカメラの電池が無くなった。
コンデジをしばらく使っていなかったので、容量が少ないことをすっかり忘れていた。
しかも撮ったものはみんなおんなじような絵になってるし…。


a0183666_16580411.jpg
毛利邸の紅葉


a0183666_16581366.jpg
阿弥陀寺の紅葉


a0183666_16581994.jpg
山水園の紅葉


a0183666_16582738.jpg
で、おまけはムラサキシジミの開翅。
「よくこんな小さいものを見つけるねえ。」と仲間が不思議がる。
そりゃぁねぇ、いっつもこんなもんを探して歩いている。


[PR]
by krsmag | 2014-11-29 17:11 | 紅葉・秋の実 | Trackback | Comments(2)

湯田温泉~山口市

 今回のあざみの会は、湯田温泉で一泊するものだった。あざみの会というのは、学生時代に同じサークルにいた者がひと年とって、また集まっておしゃべりをしましょうという会の名前である。総勢7名の小さな同窓会だ。年に2回会を持つ。春は日帰り、秋は一泊。以前はそれぞれに忙しい事情を抱えていて、なかなか全員参加というわけにいかなかったが、最近は自身の体調などで参加できないということが出始めた。今回も2名欠席。来年心配なのは001.gifの膝。

 第1日目  阿弥陀寺 ⇒ 毛利邸・博物館 ⇒ 湯田温泉(山水園)

 第2日目  湯田温泉 ⇒ (山口市内をタクシーで観光) ⇒ 新山口駅

 紅葉シーズンは終わっているだろうと思って、持っていくカメラをコンデジにしたのが間違いだった。まだ残っている紅葉、昨夜落ちたというイチョウの葉のじゅうたん、心揺れる色がたくさんあったのになあ、惜しいことをした。

a0183666_10274416.jpg
周防阿弥陀寺  あじさい寺として有名らしい。


a0183666_10272118.jpg
毛利氏庭園 旧毛利家本邸 毛利博物館


a0183666_10275816.jpg
湯田温泉・山水園の庭も趣があったが、外風呂のロビーから見える竹林が美しかった。


a0183666_10281877.jpg
山口県政資料館(旧県庁舎及び県会議事堂) 国の重要文化財。大正時代の建物。
広島は原爆を落とされたので、こういう古い時代の建物が少ない。


a0183666_10282483.jpg
瑠璃光寺五重塔。室町時代の建立で、国宝。


a0183666_10283432.jpg
山口の迎賓館として、井上馨、伊藤博文ら時代を担った人々が集った料亭「菜香亭」、移築されて観光施設・市民交流の場として生まれ変わっている。
その大広間に掲げられた田中角栄氏の扁額。


a0183666_1028498.jpg
タクシー運転手さんのお勧め、龍蔵寺のイチョウは、一昨日と昨日で一度に葉を落としたらしい。


a0183666_10285615.jpg
国指定の天然記念物、高さが45mもあると看板にあった。
イチョウのじゅうたんもいいが、葉が落ちる前を見たかったな。


a0183666_1029136.jpg
黄色いじゅうたんの上でお参り。

[PR]
by krsmag | 2014-11-28 23:57 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

オオバン

a0183666_2018595.jpg
黒瀬川にオオバンがやってきた。今年は3羽、いつも一緒にいる。


a0183666_2019758.jpg
水面に漂っている物を食べたり、潜って水草を食べたりしている。
近くで撮りたいが、この日は遠ざかるばかりだった。


a0183666_20191548.jpg
カイツブリもよく見る。ちゃんと撮りたいが、敏感ですぐに逃げられる。

そろそろ黒瀬川がにぎやかになるころ、今年はどんな冬鳥がやってくるのだろう、楽しみである。

[PR]
by krsmag | 2014-11-27 07:00 | | Trackback

トンボ3種

秋の終わり、この時期にまだトンボが元気だ。

a0183666_205404.jpg
アキアカネは連結して産卵行動。


a0183666_2055229.jpg
腹の先を水に打ち付けて産卵する。


a0183666_20648.jpg
マユタテアカネのメスは一人で産卵行動、こちらも腹の先を水に打ち立てていた。


a0183666_2063491.jpg
ヒメアカネのオスはまだメスを待っている。

待ち人来たらずのようだった。

[PR]
by krsmag | 2014-11-26 07:00 | トンボ | Trackback

リンドウ

a0183666_19442389.jpg
秋を探しに野に出たら、とびっきりの秋が残っていた。
トンボを追いかけて初めて入った田んぼのあぜ道に、リンドウが刈り残されて咲いていた。
刈り払い機の手を止めて、きっと一休みしただろう、なぜか男性の姿が目に浮かぶ。


a0183666_19443840.jpg
こちらもここだけ刈り残されていた。

次の年もここでリンドウの花が見られますように。

[PR]
by krsmag | 2014-11-25 07:00 | 野の花 | Trackback | Comments(4)

里山の秋

a0183666_15435973.jpg
昨日、久しぶりに灰ヶ峰へ行きました。
山は秋のど真ん中です。


a0183666_1544966.jpg
車の窓を開けて、秋のトンネルをくぐります。


a0183666_15442265.jpg
ね、ど真ん中でしょ012.gif


a0183666_15442895.jpg
家々は秋に囲まれています。


a0183666_15455095.jpg
山を降りたら、田んぼの畔にごちゃ混ぜの秋。

[PR]
by krsmag | 2014-11-24 15:57 | 紅葉・秋の実 | Trackback | Comments(0)

キジ

田んぼの真ん中にキジがいた。

a0183666_08050480.jpg
かくれているのか、ひなたぼっこをしているのか、長くなってうずくまっていた。


a0183666_08052818.jpg
電柱に隠れてしばらく待っていると立ち上がって餌をとりだした。
なるほど、人の気配を感じて隠れていたのだな。


a0183666_08055036.jpg

もっと近くで撮りたいと反対側へ回ったら、さっさと逃げられた。

草が生い茂っている休耕田に入ったので、ここがねぐらなのだろう。
この冬の観察地点に加えておこう。



[PR]
by krsmag | 2014-11-23 08:16 | | Trackback | Comments(6)

東寺 西寺



a0183666_710112.jpg
金剛頂寺(第26番札所) 東寺とも呼ばれる。


a0183666_7101381.jpg
本堂


a0183666_7101958.jpg
お遍路さんの姿が多い。


a0183666_7102447.jpg
最御崎寺(第24番札所) 西寺とも呼ばれる。


a0183666_7103561.jpg
多宝塔


a0183666_7104067.jpg
この奥にヤッコソウがある。


a0183666_7104778.jpg
仁王様


a0183666_7105893.jpg
瀬戸大橋①


a0183666_7111628.jpg
瀬戸大橋②

[PR]
by krsmag | 2014-11-22 07:58 | 記録 | Trackback | Comments(6)

南国の・・・

南国に来たのですから、南国らしい花を撮りました。

a0183666_09470993.jpg
ハイビスカス通りというのがあるらしいです。
訪れる時間はありませんでした。


a0183666_09472299.jpg
キバナアマ 金剛頂寺の参道にたくさん咲いていました。



南国に来たのですから、南国のチョウに会いたいものです。
a0183666_09474437.jpg
ここまで来て、ムラサキシジミです。

ヤクシマルリシジミとか、クロマダラソテツシジミとかいませんかねえ。


おや、おサルさんがいます。
a0183666_09481235.jpg
野生の猿でしょうか。


a0183666_09481774.jpg
白線の中で座っています。
自動車にも慣れているようです。


a0183666_09482201.jpg

なんだかなあ・・・。
人に慣れていないおサルさんに出会いたいです。



[PR]
by krsmag | 2014-11-21 10:08 | Trackback | Comments(4)