<   2014年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

通り道

ひとつの花から次の花へ、近くにあればいいのですが、長い距離を移動することも多いです。実はそれも楽しい花探し。今回は通り道で出会った花を何ヶ所かまとめました。


a0183666_203233100.jpg
ピンクのツリフネソウ、赤い花に交じって2・3株咲いていました。いつも通る道で、初めての出会いです。


a0183666_203428.jpg
ヒナノウスツボは探していた場所にはなくて、思いもかけないところでの出会い、がっかりした後の大喜びです。


a0183666_2034750.jpg
フシグロセンノウがまだ咲いていました。場所が違うと花期も違うということです。


a0183666_20341728.jpg
アキチョウジが花盛り、あっちでもこっちでも咲いていました。うまく撮れないのです・・・。


a0183666_2034361.jpg
ここのキバナアキギリは頬紅がありません。


a0183666_20344579.jpg
クサボタンに今年はよく出会います、が、刈られていたり、虫にやられていたり…。


a0183666_20351284.jpg
オオバショウマの葉は大きいです。下の方にぼんやり写っています。


a0183666_2035193.jpg
サラシナショウマが並んでいました。


a0183666_20352731.jpg
林の中のサラシナショウマは1本だけ。


a0183666_2036933.jpg
ツルニンジンがぶら下がっていました。


a0183666_20362486.jpg
モリアオガエルかな? 卵塊はよく見ますが、親に出会うのは初めてです。モリアオガエルだと思うのですが、自信がありません。

emoticon-0162-coffee.gifシュレーゲルアオガエルでした。(黄色の斑点模様があるものもあるみたいです。)


[PR]
by krsmag | 2014-09-30 07:47 | お花見 | Trackback | Comments(8)

9月の蛾②

灰が峰の9月の蛾第2弾です。前回とは違う種を載せました。(一部ダブっているのは今回の方がよく撮れている?)

a0183666_11461156.jpg
ホソバミドリヨトウ ヤガ科ヨトウガ亜科 前翅長17mm
ゴマフリドクガ  ドクガ科 開帳♂20-29 ♀24-33mm


a0183666_11461914.jpg
ブドウドクガ  ドクガ科 開帳38-46mm


a0183666_11463675.jpg
ヒメツバメアオシャク  シャクガ科アオシャク亜科 開帳24-31mm
コヨツメアオシャク  シャクガ科アオシャク亜科 開帳15-22mm


a0183666_11464110.jpg
クロミスジシロエダシャク  シャクガ科エダシャク亜科 開帳34-40mm
クロスジオオシロヒメシャク  シャクガ科ヒメシャク亜科 開帳32-41mm


a0183666_11464555.jpg
クロズウスキエダシャク シャクガ科エダシャク亜科 開帳19-25mm 
ツマキリウスキエダシャク  シャクガ科エダシャク亜科 開帳28-39mm


a0183666_11465052.jpg
マエグロホソバ ヒトリガ科コケガ亜科 開張♂32-35 ♀33-43mm


a0183666_1146555.jpg
オオフトカギバ カギバガ科カギバガ亜科  開帳45mm
ウコンカギバ  カギバガ科カギバガ亜科  開帳30-45mm


a0183666_11465981.jpg
オビガ  オビガ科  開帳45-59mm
クロホシフタオ  ツバメガ科フタオガ亜科 開帳16-25mm


a0183666_1147472.jpg
チャノウンモンエダシャク  シャクガ科エダシャク亜科 開帳♂18-23 ♀24-28mm
オオクロテンエダシャクかな? 


a0183666_11471210.jpg
?
?


今回も名前を教えていただきました。昨日撮って、今日UPですから、早いものです。
ところが名前のわからないものが。何をしているのでしょうねぇ。
名前を教えていただいたのに写真を撮っていなかったり、撮っているのに撮っていないと言っていたり。
で、自分で「灰ヶ峰の生き物図鑑」で調べたのですが、結局わからないまま。くしゅん。

[PR]
by krsmag | 2014-09-29 15:48 | | Trackback | Comments(4)

川沿いの林道の花

a0183666_8372731.jpg
サクラタデ 久しぶりの出会い、もしかすると10年以上出会ってない?


a0183666_838186.jpg
タデの仲間の中で一番大きな花、やっぱりきれいだ!


a0183666_8401958.jpg
オオマルバノテンニンソウ 今年は花期を逃した。


a0183666_8402683.jpg
ほとんど終わっている中で、やっと見つけた咲き残りの花、来年はもっと早く見に来るぞ。
あっ、それではサクラタデには早すぎるか、何回も来れないしなあ・・・。


a0183666_841522.jpg
オタカラコウ  弱弱しく咲いているので、メタカラコウかなと思ったが、花の数や葉の形を調べるとオタカラコウだ、メタカラコウに出会いたいものだ。


a0183666_8415790.jpg
ナガミノツルキケマンが数か所群生していた。


a0183666_8422550.jpg
ホツツジが咲いていた。花期を少し過ぎているが、この道に自生しているのを初めて知った。


a0183666_8423534.jpg
来年からの楽しみが増えた。

[PR]
by krsmag | 2014-09-28 08:56 | お花見 | Trackback | Comments(4)

川沿いの道②

a0183666_9444380.jpg
川沿いの道は、チョウの道、去年、たくさんのチョウに出会って、楽しみにしていた。
今年の目玉は、スジボソヤマキチョウだ。
毎年会いたいチョウだけれど、必ず会える場所というのがない。


a0183666_9444863.jpg
いつも偶然の出会い、キタキチョウも飛んでいたけれど、スジボソばかりを追いかけた。
葉の上に、体を横倒しにして止まっている。
葉に擬態しているという記事があったが・・・。


a0183666_945557.jpg
サカハチチョウは今年よく出会った。川筋の道で出会うことが多い。


a0183666_9451830.jpg
ボロボロのモンキチョウ、飛ぶスピードは落ちていない。
モンキアゲハでした。訂正いたします。


a0183666_9453429.jpg
テングチョウが翅を開いていた。


a0183666_946319.jpg
ヒメキマダラセセリかな?


a0183666_946935.jpg
ヤマトシジミがキツネノマゴで吸蜜していた。

ゆっくり歩きたい道である。

[PR]
by krsmag | 2014-09-26 10:09 | チョウ | Trackback | Comments(6)

川沿いの道

a0183666_6271581.jpg
セトウチホトトギスは去年初めて出会った花です。旬を過ぎていたのが残念。


a0183666_6281628.jpg
メイゲツソウが1本ありました。


a0183666_6285789.jpg
ここのキバナアキギリは頬紅をつけています。顔中真っ赤になるほど紅をつけているのもあるらしいです。


a0183666_6295659.jpg
ヨシノアザミかな?


a0183666_630383.jpg
茎の毛がほとんどなかったので、コメナモミです。



a0183666_6304643.jpg
メナモミ  茎が長い毛におおわれていました。

[PR]
by krsmag | 2014-09-25 07:15 | お花見 | Trackback | Comments(2)

タカネハナショウヅル

a0183666_10223388.jpg
帝釈峡ではタカネハンショウヅルが咲き始めていた。


a0183666_10224230.jpg
たくさんのつぼみを従えて、一番咲き。


a0183666_1023736.jpg
もうすぐ満開だ。


a0183666_10231345.jpg
つぼみが愛らしい。


a0183666_10231942.jpg
気の早いものはもうひげになっている。

[PR]
by krsmag | 2014-09-24 10:31 | お花見 | Trackback | Comments(2)

ミツバフウロ

a0183666_7165181.jpg
帝釈峡は山野草の宝庫、珍しい花がたくさん自生している。
少し前から、ミツバフウロを探していたのだが、やっとそれらしい花に出会いがあった。


a0183666_717572.jpg
葉が三つ葉になっているのでミツバフウロなのだけれど、ゲンノショウコも上の方は三つ葉になっている。


a0183666_7171615.jpg
花柄に毛がないので、ミツバフウロだ!!!
やっと出会った花は、特別かわいい花だった。

この日の大きな目的は、まほろばの里・時悠館で開かれている山野草写真展に行くこと、
帝釈峡の花がそろっていた。
まだ見ぬ花も多くあり、胸を高鳴らせてみて回った。

[PR]
by krsmag | 2014-09-23 07:32 | お花見 | Trackback | Comments(6)

ネキトンボ

a0183666_8404815.jpg
窓の外、葉を落とした桜の木に、いろんなトンボがやってくる。
今日はネキトンボだ。


a0183666_841161.jpg
1週間ほど前から時々来ていたのをやっと撮ることができた。
空がバックなので、影しか映らない、色を出す勉強だ。

[PR]
by krsmag | 2014-09-23 06:57 | トンボ | Trackback | Comments(0)

得体の知れないハギ

a0183666_20172097.jpg
ふるさと林道を下っていると、反対車線側の法面にとてもよく目立つハギの花がありました。
いったん行き過ぎたのですが、あまりきれいだったので、50mほど車をバックさせてカメラを向けました。
ほとんど車の通らない林道(でも、立派な2車線道路です。)だからできることです。
ゆっくり道路を横切って、道路の上でカメラを構えて。のんびりしたものです。


a0183666_20171540.jpg
よく見るハギの花と違って、花が丸くかたまって咲いています。花の数がとても多いです。派手です。
きっと有名な名のあるハギだろうと、うきうきしてネットで画像検索しましたが、なかなか同じ花が出てきません。


a0183666_20172744.jpg
やっと、あるサイトで、同じような花を見つけました。
名前は?  得体の知れないハギ!? 
そのサイトの管理人さんは森林インストラクターなんです。  
うふっ、私も得体の知れないハギと呼ぶことに。

緑化工事で植えるならその土地の自生種を植えてほしいものだ、とその管理人さん、賛成です。
山の中で、こんなにきれいなハギの花を見たら、まごまごしてしまいます。


[PR]
by krsmag | 2014-09-22 21:07 | 野の花 | Trackback | Comments(0)

9月の蛾

9/16、前夜のライトトラップに集まった蛾を撮らせていただきました。

a0183666_648354.jpg
クスサン  ヤママユガ科 ヤママユガ亜科  開帳100-130mm


a0183666_648141.jpg
アシベニカギバ カギバガ科 カキバガ亜科 開帳30-35mm


a0183666_6482370.jpg
ヒトツメカギバ カギバガ科 カギバガ亜科 開帳35-40mm
クロスジオオシロヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科 開帳32-41mm


a0183666_6483522.jpg
キスジコヤガ ヤガ科 コヤガ亜科 開帳18mm
キオビベニヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科 開帳10-14mm


a0183666_648533.jpg
オオベニヘリコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科 開帳23-30mm
アカスジシロコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科 開帳20-30mm


a0183666_649286.jpg
エビガラスズメ  スズメガ科 スズメガ 亜科 開帳80-105mm(これだけ、我が庭にやってきたもの)
アカヒトリ ヒトリガ科 ヒトリガ亜科 開帳23-28mm
蛾を食べに来たカラス
ヘリジロヨツメアオシャク シャクガ科 アオシャク亜科 開帳22-31mm


a0183666_6491322.jpg
ヒロバウスアオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科 開帳40mm
もしかして、下も同じかな?


a0183666_6492033.jpg
ヒロオビオオエダシャク?
?


a0183666_730191.jpg
キリバエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科 開帳37-49mm


a0183666_731754.jpg
ミドリリンガ コブガ科 リンガ亜 開帳41-45mm



a0183666_7313224.jpg
スジエグリシャチホコ  シャチホコガ科 開帳35-40mm


a0183666_7464345.jpg
ウスイロギンモンシャチホコ シャチホコガ科 開帳36-41mm


[PR]
by krsmag | 2014-09-22 07:20 | | Trackback | Comments(2)