カテゴリ:チョウ( 251 )

ヤクシマルリシジミ

ヤクシマルリシジミはバラ科の植物に卵を産む。
今は産卵の時期だというので、ノイバラを探した。
ノイバラはいくらでもあったが、チョウの姿がない、うろうろしていると
コセンダングサが咲いているところにチョウがたくさんいた。
その中にヤクシマルリシジミもいた。

a0183666_08364325.jpg
ヤクシマルリシジミ♂


a0183666_08365054.jpg
上と同一個体


a0183666_08371491.jpg
コシロノセンダングサで吸蜜


a0183666_08382624.jpg
こちらは♀ 表翅の模様がずいぶん違う。


 
a0183666_08390182.jpg
上と同一個体、何度飛び立っても同じ場所に戻ってくるのでしつこく追いかけた。


a0183666_08393818.jpg
おや、角度によって翅の色合いが違って見えるぞ。
緑色の部分がある。


a0183666_08394572.jpg
目にピントがくるようにすると緑色がうまく出ない、翅にピントを置くようにして撮った。
予想していなかった、おもしろいなあ。


a0183666_08480856.jpg
最後に出会ったのは念願のノイバラに止まる♀、残念ながら産卵行動は見られなかった。


ヤクシマルリシジミとたっぷり遊んだチョウ日和な時間、
寒くなると島へ出かけるのがいいなあ。


[PR]
by krsmag | 2014-11-17 09:18 | チョウ | Trackback | Comments(6)

海辺のチョウ

少し前のこと、チョウ仲間が島でヤクシマルリシジミを撮ったとブログに載せていました。
別の仲間も、とびしま海道でバラに産卵するヤクシマルリシジミを。。。
こりゃたまらん、私も島へ繰り出すことにしましたよ。
運が良ければイソヒヨドリも撮りたいなあ・・・。

そこそこの運が待っていました。

a0183666_20395715.jpg
最初に出会ったのはイシガケチョウ、ずいぶんくたびれておりました。


a0183666_20403127.jpg
2番目は、ウラナミシジミ、なんと、今年初です。


a0183666_20404107.jpg
最近、家の周りで見かけなくなったチョウです、島でやっと出会いました。


a0183666_20405244.jpg
コシロノセンダングサには、ヒメアカタテハを始め、たくさんのチョウが来ておりました。


a0183666_20411089.jpg
近くにいたツマグロキチョウ、今年はよく出会います。


a0183666_20411901.jpg
チャバネセセリ


a0183666_20413321.jpg
花がすぐそばにあるのに、地面に止まるヤマトシジミ


a0183666_20421710.jpg
誰でしょうねえ、ムラサキツバメのような気がしましたが、遠くて、高くて、確認できませんでした。

a0183666_20455269.jpg
はい、目的のヤクシマルリシジミにはたくさん出会いました。
続きは明日。


あっ、イソヒヨドリは何度も見かけましたが、車を止められない場所でした。
残念、そこそこの運。



[PR]
by krsmag | 2014-11-16 07:00 | チョウ | Trackback | Comments(4)

クロツ発生地2ヶ所

前回のクロツの場所はその道の人には有名な場所のようで、もう25年も通ってきているという人に出会った。
同じ趣味を持つ者同士、チョウ談議に花が咲いたのは当然の成り行き!(^^)!
で、そのときに貴重なクロツの産地の情報を2ついただいたのだ。

昨日、そこに行ってきた。
2ヶ所とも、以前探し回って何度も足を運んだ場所、あと少しのところまで行っていたことが分かった。


①田んぼの石垣
a0183666_727117.jpg
よさげなツメレンゲが石垣のあちこちに花をつけていた。


a0183666_7271117.jpg
晴れていたのに曇ってきて、クロツには1頭しか出会いがなかった。


a0183666_7271972.jpg
上と同一個体


②お寺の石垣
a0183666_7273268.jpg
お寺の住職さんに挨拶をすると、クロツの場所に案内していただいた。
「あっ、飛んでいる、あそこにも、ここにも。」と声を上げると不思議そうに顔を見られてしまった。


a0183666_7273863.jpg
「これがそんなにいいですかねえ。」
うん、こんなに遠くにいたのでは、その良さがわからない。


a0183666_7274486.jpg
蚊に刺されながら、わずかな晴れ間にやっと近くに来てくれたクロツバメシジミ。
天気が良くなければだめだなぁ。

[PR]
by krsmag | 2014-10-28 07:43 | チョウ | Trackback | Comments(4)

クロツバメシジミ♀

a0183666_1855327.jpg
石垣の上で、翅を広げているのは、全部♀だろうか。
ちょっとした疑問だ。


a0183666_186195.jpg
この日、2時間ほど観察していてわかったのだが、♀は産卵を続けてしないようなのだ。
休憩しながら産卵している感じがする。


a0183666_18696.jpg
休憩するとき、石垣で翅を広げる。


a0183666_1861678.jpg
真っ黒だと思っていた表翅、微妙に虹色が入る。


a0183666_186241.jpg
産卵に選ぶツメレンゲは花が咲いていないのが多い?

わからないことがいっぱいだ。

[PR]
by krsmag | 2014-10-27 06:45 | チョウ | Trackback | Comments(6)

ツメレンゲで吸蜜

a0183666_9141377.jpg
石垣のツメレンゲが咲き始めている。


a0183666_9142292.jpg
ほら、こんなになかよく。


a0183666_9143561.jpg
ストローを伸ばして、ツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミ。(クリックで大きい画像になります。)


a0183666_9153853.jpg
次はツメレンゲで産卵するところを撮りたいよねぇ。


a0183666_9155737.jpg
それがなかなか難しい。確かに産卵しているのだけれど・・・。


a0183666_9144838.jpg
調べたけれど、卵を確認できなかった。

[PR]
by krsmag | 2014-10-25 09:28 | チョウ | Trackback | Comments(6)

湿地のそばで

山陰で出会った人が、「今年はツマグロキチョウが多い年ですよ。」と、話していました。
そのようです。今まで出会ったことのない場所で、また、ツマグロキチョウと出会いました。

a0183666_16325074.jpg
ツマグロキチョウ  今度こそ飛んでいるところを動画で・・・ぼうぼうの草道で歩くのがやっとでした。
止まっているところへ行くのにも時間がかかって、逃げられる寸前のものです。


a0183666_163378.jpg
今はオオアオイトトンボの季節、よく出会います。


a0183666_16332183.jpg
湿地の中にあったのは、ヤマトミクリでいいのでしょうか。


a0183666_16332623.jpg
カワラスガナによく似ています。
カヤツリグサ科の植物はずっと避けてきましたが、あまりにおもしろい形なので、カメラを向けました。

[PR]
by krsmag | 2014-10-24 07:46 | チョウ | Trackback | Comments(4)

アサギマダラ

a0183666_9235632.jpg
昨日、午後3時、我が家のサワフジバカマにアサギマダラがやっとやってきた。
後翅に黒い斑紋が見えるのでオスだ。


a0183666_924191.jpg
近づくとすぐに飛び立つ、非常に神経質なので、数枚撮って遠くから見るだけにした。
これから長い旅を控えているのだものねぇ、あまり、邪魔をしてはいけない。


a0183666_924951.jpg
今年は、出かけ先ではちょくちょくアサギマダラを見かけたのだ。(一昨日、西条町)


a0183666_924154.jpg
飛んでいるところを撮りたかったが、ことごとく失敗(/_;)


a0183666_9242252.jpg
こちらは♀、斑紋がない。



emoticon-0162-coffee.gifウィキペディア『アサギマダラ』によると、成虫のオスがよく集まるヒヨドリバナやフジバカマ、スナビキソウなどには、ピロリジジンアルカロイド(PA)が含まれ、
オスは性フェロモン分泌のためにピロリジジンアルカロイドの摂取が必要と考えられている。
とあった。
なるほど。今までの疑問が解けたょ。我が家に来るのがほとんどがオスだったのは、サワフジバカマだからだ。
このページでも、セイタカアワダチソウにはメスがきている、ブログ友の所ではコセンダングサにメスがきていた。
知れば知るほど面白いemoticon-0115-inlove.gif

[PR]
by krsmag | 2014-10-19 07:55 | チョウ | Trackback | Comments(8)

川沿いの道②

a0183666_9444380.jpg
川沿いの道は、チョウの道、去年、たくさんのチョウに出会って、楽しみにしていた。
今年の目玉は、スジボソヤマキチョウだ。
毎年会いたいチョウだけれど、必ず会える場所というのがない。


a0183666_9444863.jpg
いつも偶然の出会い、キタキチョウも飛んでいたけれど、スジボソばかりを追いかけた。
葉の上に、体を横倒しにして止まっている。
葉に擬態しているという記事があったが・・・。


a0183666_945557.jpg
サカハチチョウは今年よく出会った。川筋の道で出会うことが多い。


a0183666_9451830.jpg
ボロボロのモンキチョウ、飛ぶスピードは落ちていない。
モンキアゲハでした。訂正いたします。


a0183666_9453429.jpg
テングチョウが翅を開いていた。


a0183666_946319.jpg
ヒメキマダラセセリかな?


a0183666_946935.jpg
ヤマトシジミがキツネノマゴで吸蜜していた。

ゆっくり歩きたい道である。

[PR]
by krsmag | 2014-09-26 10:09 | チョウ | Trackback | Comments(6)

9月のチョウ

a0183666_1532090.jpg



a0183666_1532769.jpg



a0183666_15321379.jpg

[PR]
by krsmag | 2014-09-15 21:02 | チョウ | Trackback | Comments(0)

クロツバメシジミ②

a0183666_2141471.jpg
飛んでいるのは♂だと思った。止まっているのが♀ならアタックするかと期待したが、スルーして他所へ行った。
止まっているのもオスなのかしら。


a0183666_2144648.jpg
全開翅まであと一歩。


a0183666_2154132.jpg
少しお疲れモード。


a0183666_21638.jpg
産卵行動がみられるかと期待したが、それはなかった。


a0183666_2164120.jpg
同じ個体を撮ってるのがあると思う。

[PR]
by krsmag | 2014-09-14 21:22 | チョウ | Trackback | Comments(0)